県大会を終えて
先日東北大会へ向けての県大会が終えた
プラネッツの選手の結果
男子シングルス 2位、5位

女子シングルス 3位(二名)、5位
女子ダブルス  3位

女子シングルスでは、チャンスのある山にエントリーされていたのにもかかわらず
試合途中肉離れで棄権をしたのが悔やまれる
けがをしかっり直して練習を重ね次の試合に挑もう

女子ダブルスは一組としてプラネッツに参加していないので、ダブルスとしての練習が不足しているが
一人一人のレベルが上がれば通用するようになるかもしれない。本人次第と思う

男子シングルス ファイナルで負けようが、ラブで負けようが負けは負け
マッチポイントをにっぎていて最後の一本が取れない
師匠がいつも言っている
最後の最後の一本を取るために厳しい練習を重ねるのだ。お前たちはまだまだ甘い
師匠の顔が浮かぶ
渡邉さんは、おそらく普段の練習がそのまま出たのではないか?
仏の富さんは、女子シングルスを含めて、ウルスラは勝って当たり前の練習をしている
点数が競ってもあわてたりしない。しっかり点数を重ねる。
プラネッツの選手は、その相手にたどり着くのがようやっと、でも確実に力を付けてきている
いう人知らず、渡邉さんの言葉に返事の出来ねやつは勝てるわげね~
勝ちたければ、ちゃんと返事をして朝から晩までファイトの声出しをがんばれ


[PR]
by ns1814 | 2017-11-23 16:52
<< 県大会を終えて 山形遠征 >>