<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
宮城県バドミントン選手権大会兼ABC大会一次予選
先週の土曜日からABC一次予選を兼ねた小学生の部をかわきりに宮城県バドミントン選手権大会が始まった。
プラネッツからは小学生一人が参加した。
今迄勝てなかった相手にようやく勝てたようだ。
二次予選ではAクラスに出場なので一年上と戦うのできついと思うががんばって欲しい。

結果およびコメントをジュニアの指導者の方にいただきましたので掲載します。

宮城県選手権大会が開催されました、例年より一週間も早くしかも初めて土曜日開催され授業参観と重なり参加者が減少した、これも震災の影響で会場が押さえられない現状なので仕方がない。
大会開催出来たことに感謝申し上げます。
毎年この大会が年度はじめの大会、この中から強化指定選手が選考され宮城県の都道府県の団体メンバーが選ばれていく事になるが、不安と期待を感じながら今年もスタートした感じです、ガンバロー宮城!
f0236646_1324494.jpg

[PR]
by ns1814 | 2012-04-24 13:25
NANAHAの合宿
宇都宮のジュニアのチームが4月3,4,5日の3日間仙台市で合宿を行っていて
プラネッツからも大半の選手が参加していた。
なかびの水曜日の夜にNANAHAの7名の選手が、プラネッツの練習に来ていた。
NANAHAの選手はネット前のラケットワークが上手で相手の動きを一瞬止めるようなショットをする。渡辺さんはいつも”相手の足をちょっとでもとめるショットをしなさい”と指導をしていてもプラネッツの選手は出来ていないし、足を止められるどころかノータッチをしてしまう。課題があるようだ。

最終日には恒例の大年寺の石段トレーニングがある。
プラネッツの選手も積極的に参加して欲しい。
大年寺といえば、今のように石段が整備される前にプラネッツの渡辺さん師匠、富さんが学生時代に鍛えられた場所でもある。
[PR]
by ns1814 | 2012-04-08 11:17
23年度3年生を送る会
先日の日曜日に23年度の三年生を送る会を行いました。
男子3名 東北高校、
宮城工業、常総、ウルスラ、それぞれ1名
女子4名 常盤木学園
男子1名 青森の中学校へそれぞれ進学する。

監督と呼ばれるのが嫌う渡辺さんから、今年の卒業生は震災の影響で体育館が二ヶ月あまり使えない上、恒例の八戸合宿も実施できず充分指導し切れなかった部分もあるが、いま自分がバドミントンを出来る環境に感謝しながらプラネッツで教わったことを生かして上のステージでがんばってほしい。

師匠からは監督を勤めている大学の学生のレポートを紹介した。

”震災を経験して自分が変わった。
今までは部長をしていても人の為でなく、自分を成長させる為との思いだったのが、震災のボランティアをすることにより考え方が変わり、自分の為でなく人の為に動くと、それがそのまま自分に返ってくる。自らの成長とは、人の為に動いた結果の産物”と言っている。
そして師匠曰く
今回の震災を経験したすべての人は、何かを得なくてはならない、学ばなくてはいけない、成長しなくてはいけない、そういう使命感を与えられたのだと思います。たくさんの人に支えられて生きていることを実感し、そしてたくさんの人の支えになって生きて行きたいと思います。そしてすべてのことに感謝していきます。まだまだ復興していません。これからも時間を作ってボランティアに参加し、被災者の力になって生きます


富永さんからは自分が中学生になて以来60歳を越えてまでいわば半世紀以上付き合っている友達がいる。バドミントンを通じて友達をいっぱい作りなさい。
と激励があった。

卒業生にプレゼント
プラネッツ 宇宙をイメージしたユニフォーム型ストラップを名入れしてプレゼントした。
肩口の星はタイトルをとって欲しいとの思いが込めてある
f0236646_1127897.jpg

f0236646_11265640.jpg

[PR]
by ns1814 | 2012-04-01 12:21