<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
中体連県大会結果
全中への第2の関門県大会が終わった。
プラネッツからは男子シングルス3位の阿住選手と女子シングルス優勝和島選手が山形県で行われる最後の関門東北大会に出場する。
f0236646_17313610.jpg
f0236646_17334270.jpg
f0236646_17335837.jpg
f0236646_17341815.jpg

[PR]
by ns1814 | 2015-07-22 17:35
県大会途中結果
全中への第2の関門が今盛んにおこなわれている。
途中結果を引率されている父兄の方から頂きました。

プラネッツからは
男子シングルス 阿住、小川、堀籠
女子シングルス 和島、千葉、橋本

が勝ち抜いている。  がんばるぞお
f0236646_20353549.jpg
f0236646_20361855.jpg
f0236646_20364931.jpg

[PR]
by ns1814 | 2015-07-21 20:37
関東遠征の続き
本日は団体戦、先週の遠征での対戦を振り返り各自力いっぱい戦え。

大会前の11日、7時30分秋田の泉ジュニア男女、プラネッツ男女、渡邊さんと父兄、スーパーマネージャー、ノッカー30余名が
貸し切りバスで千葉県野田市にある西武台中、高等学校に胸を借りに行った。

昨年暮れに開通した常磐自動車道を南下し、途中0.5マイクロシートベルトの表示を横目にスーパーマーネージャーの解説のもと
関東平野を通過し12時30分学校に到着。

高瀬先生が率いる西武台中、高等学校は文武両道、生活面にたけていて、おもてなしをしっかりできるチームで地域から認められている。部員も地元からの選手が多く、それでいてレベルの高い関東で強豪校と言われている

1時より練習開始、そのさなかプラネッツでは大変お世話になった岡戸さんがやってきた

岡戸さんは西武台高出身で東北学院大工学部に在学の4年間プラネッツの練習、合宿、遠征に参加していただき、女子部員のお姉さん的たちばで携わっていただいておりました。久しぶりの再会でした。

暑い体育館の中体調をこわした選手が2名でましたが、午後からの練習で一人2試合くらいで、中でも選抜2位の荒木選手に対戦させていただいた選手はいい経験をできたと思います。

2日目は会場を栃木県宇都宮にある浅野さんが主宰するNANAHAの練習会に参加
浅野さんは仙台出身、五橋中、仙台一校、東北大、一般企業、そして現在のラケットショップ
バドミントンの指導のみならず勉強も指導している。渡邊さん、スーパーマネージャーとも親交が深い。

地元の中学生、秋山先生率いる武里中、NANAHAの選手、浅野さんの教え子のを交えて9時30分試合開始
先日のパワー、スピードのある試合の後なので今日は少し楽に試合を運べるか思いきや、なかなか自分のプレーができない選手が多い。競っていても勝てない、試合運びが上手でない曽根が目立った。
一人4試合から5試合をさせてもらった。

5時30分体育館を後にして9時ころ仙台着、秋田の選手は到着まであと3時間ご苦労様でした

今は団体戦真っ只中、この試合で最後になる3年生が出てくる。最後まで頑張ろう



[PR]
by ns1814 | 2015-07-20 12:02
関東遠征
全中第2の関門県大会をひかえて、11日千葉県にある西武台中、高等学校に胸を借りに行ってきた。
プラネッツの選手で荒木選手に対戦していただいたが手のひらの上でのゲームだった。自分の持っているショットの何が通用して、何が通用しなかったかアドバイスを頂いたことをしっかり見つめて大会に臨んでほしい。
西武台では午後からの練習で、一人2試合くらい、暑い中戦った。
二日目12日は宇都宮に場所を映し、NANAHAの練習会に参加した、宇都宮の中学生、武里中の選手、普段相手しない選手と対戦し県大会を前にしていい刺激になったと思う。

今回は我々に宿題を出され、選手たちの試合レポートにコメントを付け渡邊さんに提出しなければならない。

さーあ県大会だ   ^がんばろう^

トーナメント表を掲示します
f0236646_16392638.jpg
f0236646_1639516.jpg
f0236646_16401217.jpg
f0236646_16403151.jpg
f0236646_16405338.jpg
f0236646_16411443.jpg

[PR]
by ns1814 | 2015-07-18 16:41
プラネッツのユニフォーム
プラネッツクラブは1992年に発足して23年になる。当時は特別名前もなくただの練習会だったそうだ。当時から渡邊さんを支えてきたのが、師匠と富さんだ。今でも水曜の夜、日曜の夜に欠かさず
練習にあっち痛い、こっち痛いと言いながら指導に来ている。
プラネッツに来ることでお互いが安否確認をしているらしい。と言いながら23年間渡邊さんと供に中学生を育ててきたことは、いくらバドミントンが好きとはいえなかなかできることではないと思う

今回選手たちとおそろいのプラネッツのロゴの入ったユニフォームを卒啄同機(卒は口へん)のことばとともに頂いた。
f0236646_1448227.jpg

[PR]
by ns1814 | 2015-07-05 14:49