タグ:新人戦 ( 3 ) タグの人気記事
キャプテン交代
宮城県内各地区の新人戦が先日の仙台市内各区の大会が終わり、県大会の代表がでそろった。
プラネッツの選手の結果
多賀城地区 女子シングルス 優勝
富谷市   女子シングルス 優勝
名取市   女子シングルス 優勝
柴田地区  女子シングルス 2位
若林区   女子シングルス 3位
      女子ダブルス  3位
宮城野区  女子シングルス 優勝、2位、3位
      女子ダブルス  2位

大崎地区  男子シングル  2位
青葉区   男子シングル  優勝
宮城野区  男子シングル  優勝

11月には県大会が始まる。
そして新キャプテンが前々回の練習から交代した

[PR]
by ns1814 | 2017-10-09 18:05
心構え
一応中学三年生の試合は終わった
高校で競技のバドミントンをするのであれば、もうすでに高校でのプレーを意識しながらプラネッツの練習に参加しなければならない。しっかりした心構えが必要だ。

これからは2年生中心の新しいチームの練習になる。
県内各地で新人戦が行われ、各地域でそれぞれ上位の結果を残している。
地方の大会なので当たり前と言えば当たり前だが、情けないことに自分の靴紐につまずいて軽いけがをしたものがいたらしい。
上の大会に出場することができるが、なんと不用心のことか。
けがをして大切な試合に出れなくなる、せっかく練習を重ねてきたのにそれでバドミントンを続けることさえできなくなる場合もある。

渡邉さん遠征の移動中、いつも言っている、「汚い脚を見せるな」
試合前のアップは。ひと汗も、ふた汗もかけ、常に体を動かしておけ
トーナメントの第二シードは山の最後のゲームになるので特に体を動かしておくこと
注意に注意を払って、払い過ぎことはない

渡邉さんがいくら言い聞かせても大事なのは一人一人の心構えだ

来週から仙台市内の新人戦が始まる


[PR]
by ns1814 | 2017-09-30 20:24
新人戦県大会
f0236646_1043067.jpg
f0236646_104935.jpg
f0236646_1035044.jpg
11月15日、16日の両日新人戦県大会が行われた。
プラネッツからは男子シングルスに5名、女子シングルスに7名エントリーをした。
結果
男子シングルス 優勝 小川 響(東北学院)
ベスト8 大内悠輝(南小泉)

女子シングルス 優勝 和島百燿(塩釜第一)
        ベスト8 内海円伽 (利府)
             千葉海峰乃(鹿島台)
             橋本紗衣(中野)
それぞれが弘前で行われる東北大会に出場する

この大会でプラネッツとしては辻 隼人先輩、渡邊ちひろ先輩以来14年ぶりに男女シングルスのタイトルをとった。

監督は言う、きょう勝ったから明日はまた勝つという保証はない。
負けたものも、次また負けるとは限らない。

何が良くて勝てたか、何が足りなかったから負けたのかしっかり自分をみつめて次の試合に生かそう
[PR]
by ns1814 | 2014-11-19 23:12